返せないほどのお金を借りて、最後は闇金に食い物にされることのないように!

消費者金融でキャッシングする注意点

消費者金融会社のキャッシングは、今すぐ現金が必要だという人にとってとても役立ちますが、使う時に把握しておきたいことは何でしょう。
まず、消費者金融会社のキャッシングでは、金利を確認しておくことが大事です。
金利はキャッシングしたお金に上乗せされるものです。
金利が低ければ低いほど安くお金が借りられるので、低金利商品に人気が集まるのは当然です。
低金利だからといって必ずしもお得というわけではありません。
無利息の消費者金融会社もあるからです。
無利息といっても制限があり、初めての利用で3か月や1か月だけというものが多いようです。
今までキャッシングを利用したことがなく、金額が余り多くないという人におすすめです。
けれども、返済期日をオーバーするなどのことがあれば、金利が本来の利率よりたくさんついたりします。
期限内に無理のない完済ができるように心がけて、無利息キャッシングを使いましょう。
一番気を付けなければならないのが消費者金融会社とのトラブルです。
もし悪質な会社でうっかりキャッシングをしてしまったら、違法な金利をとられて大変なことになってしまうかもしれません。
キャッシングをするのであればやはり大手消費者金融会社に申し込むのが安心です。
月々の返済期日どおりに借りたお金を返し続けることができなければ、問題ありと判断されます。
消費者金融のキャッシングは計画的にしましょう。

250

自分に適したローン会社とは

今までローン融資を受けたことがない場合、貸付条件などから金融会社を選ぶ時の基準がわからずに困ることがあります。
いくらまでの融資が可能かは、各ローン会社の審査の結果によって決定します。
融資を受けたい金額が決まっているという人は、それだけの融資が可能かをまず調べる必要があります。
実際に自分に適用される融資限度額もチェックする必要があります。
ローン会社側の最大融資額と借入できる金額は違います。
申し込みの時点で、どのくらいのローンができるかを問いあわせてみることです。
面倒ではありますがいくつかのローン会社で審査を受けてみると良いでしょう。
カードローン会社によって借入するときに必要な書類も異なります。
貸し付けの希望金額が大きい時は収入証明書が必要というところもありますが、どのくらいから必要かも違います。
どんな手続きが必要かリサーチしておくことで、簡単な手続きでローンが組めるかがわかります。
どんな手続きが必要になるか、ローンを利用したことがない人はわからないことだらけです。
いざというときのためにサポート体制がしっかりと整っているローン会社を選ぶのがおすすめです。
信頼して融資が受けられるかを、電話応対や店舗対応の様子から判断するというのもいいやり方かもしれません。
カードローンを利用する場合には自分に合ったローン会社を選ぶことが重要だといえるでしょう。

251

借金の返済を行うために考えることについて

借金の返済を行うには、利用金額の状況や収入の状況を考えてから生活に支障がないように返済方法を選ぶことが大事です。
借金の金額が多ければ返済期間が長くなる可能性があり利息の金額が付加されることから返済金額の総額が高くなるために、収入の状況を考えてから利用する金額を決めることが望ましいです。
借金の返済方法を選ぶには返済シミュレーションなどを参考にしながら決めることが重要であり、楽な返済方法を選ぶことは返済金額の総額が高くなることや期間が長くなるために状況を判断することが求められます。
借金とは他人から借りたお金であることを認識し、責任を持って返済することを考えてから借金を行う必要があります。
借金において一番やってはいけないこととは金銭感覚が麻痺し、利用できるだけ利用することです。
借金はギャンブルと同じようなものであり、のめり込んでしまうと金銭感覚が麻痺しお金を借りて好きなことにつぎ込んでしまうことを繰り返してしまいます。
このようなことがないようにするには自分自身に責任をもって利用することであり、借金を正常に行わなかった場合のリスクなどを考えることです。
借金の返済を行うために考えることとは、自分自身に責任を持ち正しい方法で返済を行うことです。

252

借りた金は返さなければならないという当たり前の現実

ギャンブルで作った借金があると自己破産手続ができないと聞いたことがあります。
事実がどうかわかりませんが、仕方なくキャッシングでかりた借金を返済し続けていた時期がありました。
今では借金から解放されたのですが、それは司法書士の先生に相談したことがキッカケです。
どうやら借金の期間が長期にわたっていると、その利息分を払いすぎていることになるようで、しかるべき請求をするとその分が返還されるということでした。
お金の面もそうですが、借金の返済をし続けるという行為はメンタルの疲れが激しいです。
取り立てについても厳しい時期もありましたし、ちょっとでも返済が滞ると督促のハガキが大変な数で投函されてきます。
そのうち中身を読むこともなくなりました。
それでも携帯に電話がかかってくるので借金を忘れることができないんですね。
今となっては冷静に考えることができるんですが、相手としたら貸したお金はやっぱり返してもらわないと困る。
だから返済を促しているわけですね。その方法にも若干問題はありますが。
こうやって落ち着いた考えができるのも過払い金を計算してもらって借金がクリアになったからです。
もしもあの時司法書士に相談せずにいたら、未だ借金の返済を続けているでしょう。
同じ悩みを持つ方は一度専門家に相談してみてもいいかもしれません。

253

自己破産をすることについて

お金を借りて、そしてそれがどうしても返せなくなった場合には自己破産をすることができるでしょう。
破産をすれば借金はなくなります。しかし、社会的信用が低下してしまいます。
自己破産をするとお金の管理能力がないというように判断されてしまいますからね。
ですからできれば自己破産をしないほうが良いのではないでしょうか。
そうは言っても難しい問題です。
一応自己破産をしても、何もかも失ってしまうというわけではありません。
破産をすると財産が全て取り上げられてしまうと思い込んでいる人も多いのではないかと思います。
しかし、それでは生活をすることができませんよね。ですから、最低限生活ができるくらいの財産は所有できます。
テレビを見たり、ちょっと美味しいものを食べるくらいなら出来るのではないかと思います。
もちろん一番良いのは自己破産をしないで済むことですね。
お金を使いすぎないように気をつけましょう。
欲しい物が借金をしてでも買うほどのものであるかもよく考えたほうが良いですね。
そう考えると借金はしない方が良いという結論になります。
自己破産は本当にどうしようもなくなったときの最終手段と考えてみてはいかがでしょうか。
借金が返せなくなったとしても生きていけるということは理解しておきましょう。

254

闇金について

闇金はとても怖い存在で、お金のない人の弱みに付け込んで、法外な利率で搾取する違法行為です。
私も以前、8年以上昔に、携帯代やショッピングなどでお金がなくて、闇金に手を出したことがあります。
だいたい50万円ほど借金をして、プラス7万円ほどが利子として付いてきていました。
はっきりいって最初から払う気はなかったのですが、相手は住所や電話番号も知っているので、恐ろしくて引っ越しをしました。1回目の引っ越しの時は、まだ法的処置を執り行う旨を記した通知や電話などがあったのですが、2回目に引っ越しした後ではもう通知はこなくなりました。
借金取りをまいたというべきか借金を踏み倒したというべきでしょうか。
それでもやはり闇金というのは怖いもので、引っ越しをする前には、借金取りが直接家まで来て現金を回収しにきたりしました。もう手を出すことは絶対にしないと思います。
皆さんも闇金や街金に手を出すと、下手をすれば人生を取り戻せなくなりますので、やめた方がいいですよ。
それなら、むしろ友達にお金を借りた方がまだ良いです。
友達にお金を借りれば利子が付くことは普通ありませんし、返せばいい話ですからね。
ただ、もし闇金に手を出してしまった人がいたら、それがもし完全に法的にブラックな業者であれば、払う必要はないかもしれません。
それは、弁護士や消費者センターなどに相談して聞くのがいいでしょうね。
兎に角、話が前後しますが、借金は作らないのが一番ということは前提としてもっておいたほうがいいですね。

このサイトを参考に! → 闇金解決はこちら!

255

お金に困っても闇金には手を出さないようにしましょう

生活をしていると、お金に困ってしまうことはありますが、お金を借りる先を間違えると、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
お金を借りる上で気をつけたいのが、闇金です。
闇金から借りてしまうと、5万円の貸付に、1週間で1万円や2万円の利息が付いてしまうので、元金が全く減らず返済に困ってしまいますが、脅迫や恐喝めいた取り立てをされるようになるので、払わずにいられなくなります。
出資法により29.2%以上の利息は禁止されていますが、闇金は際限なく膨れ上がってしまいます。
闇金で借りたお金を、他の闇金業者から借りて返す、という悪循環に陥ってしまう事や、家族や周りの友人を巻き込んでしまうことにもなりかねません。
もし闇金業者からお金を借りてしまったら、弁護士などの専門家に相談するのが良いですが、お金に困ったからといって闇金業者に借りてしまうのは止め、最初から借りないようにすることが必要です。
例えば聞いたことの無い業者などは、貸金業登録をしてない事や、貸金業の登録番号が無い事があります。
固定電話番号が無い、携帯電話しか載せていない所も、かなり怪しいですし、無担保、無保証などのおいしい広告も闇金業者である可能性が高いので、気をつける必要があります。

256